トップページ >  概要 > 企業団の概要

企業団の概要

1. 事業目的

   夷隅及び安房郡市の水道事業体は、各々地下水やダム開発などにより水源を確保し各家庭に給水しておりますが、当地域は地形的に小規模ダムが多く、気象の影響を受けやすく夏期の水需要の増大に対する水不足をはじめ、冬期においても慢性的な渇水に悩まされていた状況にあり、またさらに地域住民の生活様式の変化や地域振興などに伴い、新たな水需要の増加が予想されましたが、貯水、取水、浄水等の諸施設を個々に建設することは投資効果が悪く多額の費用を伴うこととなります。
   このような状況から、新たな水需要の増加に対応する水源を房総導水路及び大多喜ダムに求め、長期的に安定した水源を確保するとともに、施設の合理的な建設及び維持管理を行い、事業経営の経済性を発揮し、水道の整備普及を図り、もって環境衛生の向上、住民福祉の増進に寄与することを目的に、用水供給を行う広域水道として、平成2年に南房総広域水道企業団が設立されました。
   平成3年度から建設工事に着手、平成8年度に一部通水を開始し、平成12年度に送水管布設工事を完了させ、現在、夷隅・安房郡市8市町に水道用水を供給しています。

※大多喜ダムについて
   平成19年度に水道水源開発等施設整備事業の再評価を実施した結果、将来的にも水需要が増加する要因がないことから水源の一つである大多喜ダム建設事業への参画を中止し、県においても平成23年3月に大多喜ダム建設事業の中止が表明されました。

2. 構成市町村

構成団体の図
(1) 設立当初(17市町村: H2.8.1〜)
勝浦市、大多喜町、夷隅町、御宿町、大原町、岬町(夷隅地域)
館山市、鴨川市、富浦町、富山町、鋸南町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町、天津小湊町(安房地域)
(2) 現在(8市町: H18.3.20〜)
勝浦市、いすみ市、大多喜町、御宿町(夷隅地域)
館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町(安房地域)
現在の構成市町の図(クリックすると拡大表示します)

3. 事業計画の概要

水源 房総導水路
創設事業費 約841億円
創設事業工事期間 平成3年度〜平成22年度
通水年度 平成 8年度(一部通水)
平成12年度(全部通水)
給水対象事業体 4市3町1水道企業団(8事業体)
勝浦市、鴨川市、南房総市、いすみ市、
大多喜町、御宿町、鋸南町、
三芳水道企業団(館山市、南房総市の一部)

4. 給水対象事業体別給水量

事業体名 給水量
(m3/日)
事業体名 給水量
(m3/日)
事業体名 給水量
(m3/日)
勝浦市 3,870 いすみ市 8,380 鋸南町 2,120
鴨川市 3,740 大多喜町 2,460 三芳水道企業団 14,060
南房総市 6,210 御宿町 1,490 合計 42,330

5. 主要施設の概要

施設区分 施設内容
導水施設 導水管 約2.0Km (うち導水制御工〜浄水場 約1.6km)
  口径 φ1,200mm
浄水・送水施設 浄水場 1箇所  (施設能力 58,000m3/日、1日最大給水量:42,330m3/日)
送水ポンプ施設 1 式  (施設能力 55,060m3/日)
  〔夷隅系:15,530m3/日〕
  〔安房系:39,530m3/日〕
加圧ポンプ施設 1箇所  (鋸南線)
送水調整池 1箇所  (容量 10,800m3
送水管 延長 約171km  口径 φ150mm〜φ1,000mm
  〔夷隅系:約 45km  口径 φ200mm〜φ600mm〕
  〔安房系:約126km  口径 φ150mm〜φ1000mm〕
追加塩素設備 2箇所