トップページ >  概要 > 企業団のあゆみ

企業団のあゆみ

沿革

   南房総広域水道企業団は、夷隅・安房郡市の17市町村(当時)が、 長期的に安定した水源を確保することにより、本地域の慢性的な水不足を解消し、 今後予想される新たな水需要の増加に対応するため、平成2年8月1日に設立し、 平成3年3月14日に事業認可を受けました。
   創設事業は、平成3年度より本格的に施設の建設に着手し、平成22年度に事業を完了しました。 その間、平成8年度に一部給水を開始し、平成12年度には、すべての受水団体に対する給水を開始しました。
   給水料金については、平成17年度に改定して以来、経常損益は黒字に転換し、引き続き、 経営の安定化に努めております。
   また、平成19年度には、水源の一つである大多喜ダム建設事業について、 国庫補助事業の再評価を実施し、用水供給先の受水団体における自己水源施設を確保する考えや、 市町村合併による旧市町村間の効率的な水運用などの理由により、現状の水源である房総導水路からの取水で対応可能であると判断されたことから、 参画を中止しました。

年表

平成 2年  8月 1日 企業団設立許可
平成 3年  3月14日 水道用水供給事業認可(厚生大臣)
 8月 創設事業開始
平成 4年  1月 大多喜浄水場造成工事開始
平成 5年  4月 大多喜浄水場建設工事着手
平成 7年  3月 大多喜浄水場完成
平成 8年  8月10日 試験通水開始
10月 1日 一部受水団体に給水開始
┌ 館山市、勝浦市、鴨川市、夷隅町、大原町、
│ 岬町、富山町、鋸南町、天津小湊町、
│ 三芳水道企業団(館山市の一部・富浦町・三芳村)、
└ 朝夷水道企業団(千倉町・丸山町・和田町)
平成 9年  4月 1日 給水料金改定(第1次)
 9月24日 御宿町給水開始
平成10年  4月 1日 受水団体の統合
(旧館山市水道事業が三芳水道企業団へ統合)
平成11年  7月 1日 白浜町給水開始
平成12年  4月 1日 大多喜町給水開始(全受水団体への給水開始)
給水料金改定(第2次)
平成17年  2月11日 構成市町村の合併
(旧鴨川市と旧天津小湊町の合併により鴨川市となる)
 4月 1日 給水料金改定(第3次)
12月 5日 構成市町村の合併
(旧夷隅町、旧大原町、旧岬町の合併によりいすみ市となる)
平成18年  3月20日 構成市町村の合併
(旧富浦町、旧富山町、旧三芳村、旧白浜町、旧千倉町、
 旧丸山町、旧和田町の合併により南房総市となる)
受水団体の統合
(旧朝夷水道企業団が南房総市水道事業へ統合)
平成19年  5月22日 大多喜ダム建設事業への参画を中止
平成23年  3月31日 創設事業完了
平成24年  3月19日 水道用水供給事業認可の変更
┌ 大多喜ダム中止に伴い、取水地点等を変更
└ 1日最大給水量 55,060m3→42,330m3
 4月 1日 給水料金改定(第4次)
平成26年  4月 1日 給水料金改定(第5次)